仲良し悪し家族no雑記帳   ~ 思春期と思秋期の狭間で ~

igirie.exblog.jp
ブログトップ

それでも子どもたちは

 musukoの担任が、夏休み明けに脚の骨を骨折した。

 直ぐに文書で、「後期始業式には復帰予定。それまでの代替教員を探している」とあった。

 その少し後に、担任変更に関する説明会が開催された。

   私もだが、クラスの半数くらいの保護者は出席できなかったようだ。

   そこで、「復帰は12月初旬になる予定。教員不足で先生が見つからない中、校長の人脈で
  何とか代替教員を見つけた。」という説明があったらしい。

   文書でのお知らせはなかった。 

 次のお知らせは成績表と一緒にやってきた。

   「代替教員が体調不良で前期終業式で辞めた。副担任が担任となり、副校長が算数と体育を
  担当する」


 うーーーん・・・・これが公教育の現状なのか!?




 
 今日、所用のついでにmusukoのクラスの様子を覗いてきた。

 musukoは集中して漢字の練習をしていた。

 若い新担任が「じゃあ、次はー」と話し出した途端、musukoの大きな声が聞こえてきた。

   「まだ漢字書き終わってなーい!!!」

 そして次々と声があがった。

   「わたしもー!」「おれもまだー!!!」


 自分の気持ちや意思を明確に表現できる子どもたち♪  ということでいいのか・・・な・・・?


f0187704_1321368.jpg(撮影by musuko)
f0187704_1373248.jpg

f0187704_139246.jpg


 学校に文句の一つでも言ってやろうかと思っていたけれど、

   学級崩壊や学習の遅れを心配して気をもんでいるのは大人たちであって

   当の子どもたちは、案外この状況を楽しんでいるような気がする


 子どもから教えられることは本当に尽きない
[PR]
by igirie | 2009-10-13 13:10 | musukoとのこと

仲が良いのか悪いのかよく分からない、3人+2イタグレという家族の雑記帳です。あっという間に息子はティーンエイジャーに、イタ達も私達もシニアとなりつつあります。これまでは新しい人や経験との出逢いの多い時期でしたが、これからは色々なお別れが増えてくるこの家族。この先に何があるかは分からないけれど、だからこそ、今の私と私の家族のことを、いつか懐かしく読み返せるように、書き記しておこうと思い、再開します。


by IGirie