仲良し悪し家族no雑記帳   ~ 思春期と思秋期の狭間で ~

igirie.exblog.jp
ブログトップ

3月3日の雛祭り

 3月3日の雛祭りは、IRie(アイリー)のお誕生日です 067.gif

 今年で、2歳になりました 024.gif

   こんなにupが遅れたというのは、
   何だか最近少し放っておかれ気味のアイリーの境遇を反映しているような・・・ 002.gif

 そこで、アイリーとの出会いの頃のことを、少し振り返ってみましょう 056.gif



*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+

 こちらは、生後1ヶ月頃の写真かしら?
 まだDOXファームにいて、初めて公開された写真なんだと思います。 ベロがかわいい♪
 我われは、この頃にはまだアイリーの存在も知らず、DOXさんのことも知らなかったかな。
f0187704_75158.jpg

 私は、6/1に予定されていた一大イベントの準備とプレッシャーに、 
 胃痛も起こさんばかりの心理状態。 そのことと関係あるのか分かりませんが、
 私の中に「犬を飼いたい」という思いが忽然と沸き起こってきた頃でした。
f0187704_7515085.jpg

 ”マンション&子どもあり&留守がち”・・・犬を飼うには、あまり適した環境ではない上に、
 ”吠えない&手入れが楽&小型&子ども・留守OK”・・・というすごく自分本位な条件。
   ※※※もちろん、「飼い主は何もしなくてもいい」ということではありませんよ~
 ところが、ネットで検索してみるといたんです! それが、
  『Italian Greyhound(イタリアン・グレイハウンド)』 だったのです。


 その後、たまたま近くのペットショップでイタグレを見つけて抱っこ・・・私の中で決まりました。 

*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+

 ここから、私たちのイタグレ探しが本格的に始まりました。
 
 何軒のペットショップを巡ったことでしょう・・・
 
 こちらは、その頃、生後2ヶ月頃の写真だと思います。
 シールカラーの子は、お顔の表情を写真で撮るのが難しい!
f0187704_913711.jpg


 ネットでも色々情報を集め、
 ”販売価格の実績は約30万円から約45万円”という記事に、そんなバカな!と言いつつ、
 取り敢えず一度見に行きましょうと、翌日に一大イベントを控えた私は置いてきぼりにして、
 ottoとmusukoが、初めてDOXさんを訪れたのは、確か5/31。

 そこでottoが撮ってきた写真が、
 徹夜続きで意識朦朧としていた私のハートをドキュン053.gif
 
 悲惨な出来だったが、何とか仕事をやり終えた私が出向いたDOXさんで、
 飼い主さんがまだ決まっていなかった最後の子が、アイリーだったのです。
 
 そして、幸い(?)私のハイテンションな状態はまだ覚めていなかったので、
 即決できたというわけ。

*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+

 ジル、ミック、ソフィー、もも、モリー、マーレー、ルカ、ドル、ドルフィー、リリー、エリー、ホワイティー、シール、ルダ、ルビー、サファイア、ジェミー、ミックス、レディー、ラスカル、ラッシー、ナック、ドビー、ブルース、ブルーシー、オーシャン、サンディー、ティーナ、キーサ、コア、クーイ、、、、たっくさんの名前の候補の中から、最後はアイリー(由来の詳細は以前の記事へ)

 日程調整の結果、お迎えはmusukoの7歳誕生日に 067.gif
f0187704_1026498.jpg


 これは、我が家にやってきた当日のアイリー。
 真っ先に飛び乗ったのが、今はなき、このビーズクッション
f0187704_10274947.jpg

 DOXを出発してから、殆どキュンキュンと鳴くこともなく、とっても落ち着いていました。

*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+

 では、以下、オルカがやってくるまでのアイリーの成長を 061.gif
 
f0187704_1038418.jpg
f0187704_10381378.jpg
f0187704_10382789.jpg
f0187704_1038376.jpg
f0187704_10385294.jpg
f0187704_1039565.jpg
f0187704_10391785.jpg
f0187704_10392912.jpg


*+*+**+*+*+*+*+*+*+*+


 アイリーさん、あなたは今、幸せですか?
[PR]
by igirie | 2010-03-07 08:08 | IRie & Orcaとのこと

仲が良いのか悪いのかよく分からない、3人+2イタグレという家族の雑記帳です。あっという間に息子はティーンエイジャーに、イタ達も私達もシニアとなりつつあります。これまでは新しい人や経験との出逢いの多い時期でしたが、これからは色々なお別れが増えてくるこの家族。この先に何があるかは分からないけれど、だからこそ、今の私と私の家族のことを、いつか懐かしく読み返せるように、書き記しておこうと思い、再開します。


by IGirie