仲良し悪し家族no雑記帳   ~ 思春期と思秋期の狭間で ~

igirie.exblog.jp
ブログトップ

敢え無く挫折・・・シルヴィア・プラスの伝記

 子どもの頃は、伝記が好きでよく読んでいた。
 でも、今回↓の2冊の最初と最後だけを読んで、敢え無く挫折。
 伝記って書くのも読むのも難しいんだな~~って思っちゃいました。
 

シルヴィア・プラス 沈黙の女

ジャネット マルカム / 青土社


シルヴィア・プラス―父の娘、母の娘

木村 慧子 / 水声社



 実はわたし、彼女の作品を読んだことないんですよね・・・
 皆さん、思春期の頃とかに読むのかしら?

 今回の収穫は、
 彼女のこの作品を読んでみようかな~~と思ったことでした。
 早速、図書館の予約をしなくちゃ☆
 

ベル・ジャー (Modern&Classic)

シルヴィア・プラス / 河出書房新社


 
[PR]
by igirie | 2010-04-17 10:07 | 本のこと

仲が良いのか悪いのかよく分からない、3人+2イタグレという家族の雑記帳です。あっという間に息子はティーンエイジャーに、イタ達も私達もシニアとなりつつあります。これまでは新しい人や経験との出逢いの多い時期でしたが、これからは色々なお別れが増えてくるこの家族。この先に何があるかは分からないけれど、だからこそ、今の私と私の家族のことを、いつか懐かしく読み返せるように、書き記しておこうと思い、再開します。


by IGirie