仲良し悪し家族no雑記帳   ~ 思春期と思秋期の狭間で ~

igirie.exblog.jp
ブログトップ

ギャングエイジは手強い! 先生、頑張ってね☆

 我が家の愚息は、ただいま小学3年生。

 先日、突然担任の女先生から電話があったので、何事か!?と思ったら・・・
 な~~んと・・・「授業態度が悪すぎるので、お母さんから注意してください」という内容。
 クラス一のワルくんと席が近くて、お喋りと悪ふざけが過ぎるのだと。。。

 <そんな奴と近い席にしたのは先生なのでは!?>と内心思いつつ、更に聞いていると

 「最近、100点が取れなくなっているのも授業に集中できていない表れだと思います」

 <本当に~~!? 勉強が難しくなっているだけなんじゃないの~~>と内心突っ込み、更に聞いていると

 「私もクラス運営に色々悩んでいて」とおっしゃる。

 <おいおい、保護者達が入学当初から40人学級で大丈夫なのか!と心配し続けてきたのに、
  有効な対策を講じないまま、力で圧しようとしてきたのは、学校側じゃないのかい!?
  まず、学校全体で悩んで対策を講じてから保護者に頼めよ~~!>と言いたいのを呑み込んで、

 「どうもすみませーん。効果があるかは分かりませんが、一度話してみますー」と言っておいた。


+=+=+=+===+=++==+===+===+=

 
 確かに、”大人の言うことをよく聞くいい子”の多い昨今で、
 まさにかつてのガキ大将、ギャングエイジ真っ只中のmusukoを御するのは、なかなか難しい。

 帰ってきたら、ランドセルを放り出して「遊んでくるねー!」と家を飛び出し、
 「○○公園で待ってるからな!」と叫んで軍団の先頭をおニューの自転車で爆走してるし、
 連絡帳には翌日の時間割も書いてこず、どこで覚えてきたのか、教科書一式をオキベンして
 宿題ができなかったこともあるし、、、042.gif

   (それでも、帰宅時間は守るし、行き先と一緒に遊ぶ友だちの名前は知らせるし、
    交差点ではちゃんと自転車を止めて右・左・右って見てるんだよね~~)

 こんな子が、40人中5,6人もいれば、今の先生には手に負えないのかもしれない。
 しかも、脱ゆとり教育の流れの中だし・・・ 

 でもなー、、、もー少しプロのプライドを持ってほしいよなー、、、なんて思ってしまう。
 
 現に、去年代替で教えてくれていた副校長先生(男)の授業は、楽しそうに受けてたし、
 やたらと凄味をきかせるだけの若い女先生のことは、舐めきってた息子

 そういえば、テニスのコーチも、あまり迫力のないコーチの時にはふざけてたけど、
 今のコーチは上手に競争させたりするので、ずっと走り回って、しかも上達してる!

 完全に大人を観てるんだよねー ・・・ 手ごわいよ~!(笑) 頑張ってね、先生!

 
=+=+++=+===+===+===+++=+=+=+=


 興味深いのが、自分との付き合い方や、友だち関係に関しては、逆に、
 最近すごく成長したなーと感じることが多い。

 あの負けん気の強さからくる感情の爆発も、
 時間は多少かかっても、自分なりになだめる術を身に着け始めていて、スゴイよ~045.gif

 「Hが独楽の練習を諦めようとしてたから、
  ”もう少しやってみなよ。できた時が最高に気持ちいいからさ”って言ったら、
  ”じゃもう少しやってみる”って言って、最後できたんだよ! 
  で、”本当だ、気持ちいいね”って言ってた」 な~んていう話を聞いて、私は感動しましたよ038.gif

 暫くしたら、「最近Hが変わったんだよ。前は自分勝手で嫌な奴だったけど、
 この前、オレが脚を怪我した時に、アイツが給食のお皿を片付けてくれたんだ」

 Hの信頼を得たんだな~ 
 またとてもクールにこういう話をするところが、ニクイ!


+=+=+=+==+=+=+=+=+==+==+=+++=+==+=+=+=


 で、就寝前のmusukoとの会話。

   私 「ねーえ、、、こんなことでエネルギー使うの無駄だと思わない?」
   彼 「うん」
   私 「じゃ、明日から頼んだよ!」
   彼 「少しだけ変わればいいんでしょ」
   私 「そうね、、、少しだけね、、、」
   彼 「わかった」


 さてさて、、、どう変わるのやら・・・039.gif
[PR]
by igirie | 2010-05-28 12:14 | 息子・育児

仲が良いのか悪いのかよく分からない、3人+2イタグレという家族の雑記帳です。あっという間に息子はティーンエイジャーに、イタ達も私達もシニアとなりつつあります。これまでは新しい人や経験との出逢いの多い時期でしたが、これからは色々なお別れが増えてくるこの家族。この先に何があるかは分からないけれど、だからこそ、今の私と私の家族のことを、いつか懐かしく読み返せるように、書き記しておこうと思い、再開します。


by IGirie