仲良し悪し家族no雑記帳   ~ 思春期と思秋期の狭間で ~

igirie.exblog.jp
ブログトップ

2010夏休みの思い出館 ~キャンプ編④ :美ヶ原高原トレッキング~

 8月3日(火)


 平日ともなると、夏休みとは言え、キャンプ場はかなり空いています
f0187704_2214276.jpg


 そしてこの日は、今回のキャンプ最大のイベント、美ヶ原高原トレッキング!

 まずは、朝ごはんをちゃんと食べて、、、
f0187704_164175.jpg

 こんな方も応援にかけつけてくれました。。。 アカハライモリだと思います。
f0187704_21424233.jpg

 毒を持っているぞ!って印でお腹が赤い。   触ったら手を洗いましょうね。
f0187704_21435237.jpg


 そして、長い長い一日が始まります。。。 





 一先ず、『美ヶ原高原美術館』に行ってみました。
   ここを散策するのも魅力的だったのですが、、、また帰りに寄ることにして、
   遊歩道の入り口まで車を移動し、いよいよ出発です!
f0187704_16265993.jpg


 まず目指すは、『美しの塔』です。
 10分くらいですが、標高2,000mとはいえ、天気がよければ暑い 058.gif
f0187704_16373551.jpg


 そして、遠くに見える電波塔・・・『王ヶ頭』を目指します。
f0187704_21345793.jpg

 途中は、ず~っと牧草地
f0187704_21364548.jpg

 モウモウ達は、アイオルに興味津々
f0187704_21381117.jpg

 道はまだまだずーーーっと続く
f0187704_21392492.jpg

 途中にはきれいなお花たち
f0187704_2141620.jpg
f0187704_21412364.jpg

 途中、一瞬雨がぱらつきましたが、ずーっと日が照ってました
 標高2,000mの紫外線は予想以上に強かった・・・ アイオルも日陰で一休み
f0187704_2149012.jpg

 でも、もう直ぐです
f0187704_21472318.jpg

 そしてツイニ、、、
f0187704_2152360.jpg

 なぜか日向に座り込む3人
f0187704_21495963.jpg


 ここにある『王ヶ頭ホテル』で一服して、引き返せばいいものを、、、、
   折角ここまで来たのだからと、更にその先にある『王ヶ鼻』へ向けて再出発!

 『王ヶ鼻』
   高所恐怖症の方は、来ない方が無難でしょう・・・
f0187704_21572453.jpg

   断崖絶壁です。
 
f0187704_2156153.jpg

f0187704_21564717.jpg

f0187704_2157763.jpg

   不思議な地層
f0187704_21573811.jpg

   そして、この満面の笑顔
f0187704_224373.jpg


 しかし、この時点で14:00を回ってる。
 ここから同じ道のりを帰らなければならないわけで。。。
   この先の写真が一枚もなくて、、、
   途中ですれ違ったオバちゃんに、
     「がんばってねぇ~~」とmusukoが飴玉をたっくさんもらったことだけは妙に覚えているのが不思議。


 くったくたになって車に戻った我々は、
   キャンプ場近くの 湯遊パークふれあいの湯で温泉に入り、
   隣の食堂で、がっつり豚カツなんかを食べたのでした。


 私は、即行でテントの中でダウンしてましたけど、、、
f0187704_2210306.jpg

   musukoは、きっちりと、予定していた花火をしてました
 
f0187704_22115170.jpg


 おー! musukoの腕が焦げてる~~
f0187704_2212416.jpg

 そう、標高の高い場所は、紫外線がものすごく強いのです。
   私の”靴下とズボンの隙間”の日焼けは、未だにくっきり残ってます・・・超カッコワル!です
   アイオルも、数日皮膚が赤くなってました・・・幸いダニは着かなかったけど、要注意!!!です
 今後は、万全の対策で望みます!
 
 この日は、ホント、お疲れさまでした~~! という感じ。
[PR]
by igirie | 2010-08-31 17:18 | キャンプ&温泉

仲が良いのか悪いのかよく分からない、3人+2イタグレという家族の雑記帳です。あっという間に息子はティーンエイジャーに、イタ達も私達もシニアとなりつつあります。これまでは新しい人や経験との出逢いの多い時期でしたが、これからは色々なお別れが増えてくるこの家族。この先に何があるかは分からないけれど、だからこそ、今の私と私の家族のことを、いつか懐かしく読み返せるように、書き記しておこうと思い、再開します。


by IGirie