仲良し悪し家族no雑記帳   ~ 思春期と思秋期の狭間で ~

igirie.exblog.jp
ブログトップ

変人になることを恐れるな!って言われても・・・

 三連休の最終日、日本パーソナリティ心理学会とやらに行ってきました。

 学会員ではないのですが、
 ある分野で有名な某先生の講演が特別価格で聴ける、というのに引っかかったわけです。

 開催場所は、都内の某大学。 私の母校。 訪れたのは卒業以来かな。

f0187704_9395336.jpg




 こちらの門、正面の門じゃないんですよ。
 やけに立派になっていてビックリ!

 昔のふる~いただの門が好きだったな~
 なんか、そこを潜る時に
 ちょっとアカデミックな特別な世界に
 ワープするような
 そんな気持ちになったっけ



f0187704_9415489.jpg


 図書館は、在学時のまま。
 
 当時の専攻が図書館・情報学だったので、
 専門課程に入ってからは、
 結構ここで過ごす時間が長かったな~

 そのまま就職した同期も何人かいて
 今では某図書館の館長さんをしている
 友人もいますね・・・

 あの時、私もそっちの道を選択してたら
 どうなってたのかな~?

 うーん、、、
 結局は、今の仕事に入っているかな(笑)


 

f0187704_1031238.jpg



 こちらは、
 当時のサークル棟と裏門に通じる石畳の坂

 あは♡ やっぱり変わってなかった♡

 この坂を歩くのが好きだったな~

 まさに ♡♥ 青春 ♥♡


 ま~、かなり影のある青春だったけどね(笑)
 







 そう言えば、星野命という老齢な教授が、
 『クロスロードとしてのパーソナリティ心理学』という、よく分からないタイトルの座談会で、
 こんなようなことを言っていたのが印象に残った。


    欧米人は、まずは“自己”ありきで生きている。
    だが、日本人は“関係性の中の自己”を育てていく必要がある。

    その為には、安定や一貫性などを求めてはいけない。
    変人であることを恐れるな!

    仲良くなることは悪いことではないが、
    仲良くなりすぎると、馴れ合いや談合、内輪もめなどが起こり、排他的にもなる。

    だから、常に一定の距離を保つことが大事。


 私は存じ上げなかったが、
 彼は、人格心理学・人間性心理学・臨床心理学系の大家らしい。
 かなりオモシロいじぃ~さんでした。


 この大家の他に、もう一人、話がオモシロかった人がいたが、
 その人は、冒頭でこんなことを言っていた。

    私はこの学会がどういう学会かもよく知らないで、
    ○○先生に頼まれたので来ただけなのですが、
    何だか高尚なお話を聞きながら、自分がつくづく精神科医として
    失格だな~と思っていたのですが(会場爆笑)

 こちらも、かなりオモシロいお医者さんでした。



 目的の某先生は、
 いきなり椅子から転げ落ちそうになるハプニングに遭遇しておりましたが、
 こちらは穏やかに冷静に、その出来事を上手にテーマに結び付けて
 講演を始めていたのは、さすがでした。
 ・・・でも、顔が一瞬紅潮したのを、私は見逃しませんでしたよ(笑)
 内容は最高によくて、
 やっぱり自身が苦労して自分のものにした先駆者のお話は、
 本質をきちんと伝えてくれて、すごく納得できました。




 いや~、朝起きた時には、気持ちのいい晴天になったことを恨みましたが、
 終わってみれば、郷愁にもひたれたし、
 オモシロい人たちにも出会えて、よかったよかった。
[PR]
by igirie | 2010-10-15 11:24 | お出掛け

仲が良いのか悪いのかよく分からない、3人+2イタグレという家族の雑記帳です。あっという間に息子はティーンエイジャーに、イタ達も私達もシニアとなりつつあります。これまでは新しい人や経験との出逢いの多い時期でしたが、これからは色々なお別れが増えてくるこの家族。この先に何があるかは分からないけれど、だからこそ、今の私と私の家族のことを、いつか懐かしく読み返せるように、書き記しておこうと思い、再開します。


by IGirie