仲良し悪し家族no雑記帳   ~ 思春期と思秋期の狭間で ~

igirie.exblog.jp
ブログトップ

ただいま、『ねじまき鳥』に心奪われ中でございます、2月の読書記録。

他の作品も読んでみたいと思う作家に出遭うと、わくわくします❤ 今月でいうと、伊坂幸太郎ですね。
そして、同じ作家でも夢中に読んでしまう作品と、途中で眠くなってしまう作品があるから、不思議ですね。

村上春樹はまだそんなに多くは読んではいないんだけど、『ねじまき鳥クロニクル』は訳が分からないんだけど、どうなるのかが知りたくて知りたくて夢中になっていて、本日、第三巻も残り僅か!! というところで、食事の支度の時間になってしまいました・・・(涙)。 でも、残りのページ数が少なくなってくると、物語が終わってしまうのが惜しくなってきたので、隙間時間ができたのに、ブログ書きに使っている始末(笑)。

 
読んだ本の数:6冊
読んだページ数:1962ページ
ナイス数:16ナイス

バイバイ、ブラックバード (双葉文庫)バイバイ、ブラックバード (双葉文庫)感想
◇初、伊坂幸太郎。 ◇他の人も書いているとおり、繭美=マツコデラックスって思っちゃうよね・・・。そして、私もご多分に漏れず、最後のキックの数を思わず数えちゃいました。 ◇うちのポストに突然こんな手紙が届いたら、どんな気持ちになるんだろー!!
読了日:2月4日 著者:伊坂幸太郎
優しいおとな (中公文庫)優しいおとな (中公文庫)
読了日:2月5日 著者:桐野夏生
ことりことり感想
静寂。。。音の描写が中心なのに、不思議。。。雑音がしないのかな。
読了日:2月13日 著者:小川洋子
ねじまき鳥クロニクル〈第1部〉泥棒かささぎ編 (新潮文庫)ねじまき鳥クロニクル〈第1部〉泥棒かささぎ編 (新潮文庫)
読了日:2月18日 著者:村上春樹
私のなかの彼女私のなかの彼女
読了日:2月19日 著者:角田光代
ねじまき鳥クロニクル〈第2部〉予言する鳥編 (新潮文庫)ねじまき鳥クロニクル〈第2部〉予言する鳥編 (新潮文庫)
読了日:2月21日 著者:村上春樹



[PR]
by IGirie | 2014-03-02 18:42 |

仲が良いのか悪いのかよく分からない、3人+2イタグレという家族の雑記帳です。あっという間に息子はティーンエイジャーに、イタ達も私達もシニアとなりつつあります。これまでは新しい人や経験との出逢いの多い時期でしたが、これからは色々なお別れが増えてくるこの家族。この先に何があるかは分からないけれど、だからこそ、今の私と私の家族のことを、いつか懐かしく読み返せるように、書き記しておこうと思い、再開します。


by IGirie