仲良し悪し家族no雑記帳   ~ 思春期と思秋期の狭間で ~

igirie.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:NZ旅行( 8 )

NZのAuckland Zooで見つけたこの看板。
f0187704_18284937.jpg
どんなPIGなんだろーー!!?? って期待しちゃうよね。
f0187704_18374626.jpg
毛深い豚さん? 牛模様の豚さん?
f0187704_18393278.jpg
ほっほっほーー (ー_ー)!!  Maori語でそういう意味なのね!!

これからも思い出したように時々書くはず!?のNZ旅行記(つづき)でした。


[PR]
by IGirie | 2014-02-27 18:44 | NZ旅行
  

f0187704_20472294.jpg


NZのスーパーで何度も買って食べてたのが、こちらのチーズ。

aged cheddar。

コクがとってもあって
ほろほろって口の中でとろけていくの、、、 (=_=) も~ 至福の瞬間ですよ。


買ってきたのも残り僅かになってしまい、、、 日本では入手できなそうだし、、、 悲しい限りです (;_;)/~~~


誰かNZに行く人がいたら、買ってきてくださーーーい!!!!!


f0187704_20513418.jpg



こちらの camembert は、塩加減が絶妙で美味なり❤

あぁ~あ… もっとたっくさん買って帰ればよかった (:_;)


f0187704_2056074.jpg



こちらの blue brie も美味だったよ。

camembert と同じ白カビタイプのチーズだけど、少しクリーミーな感じかな。


帰国してから調べたら、こちらの Puhoi Valley っていうメーカーは、 cafe もやってたり、 ヨーグルトも美味らしい (>_<)

日本で扱っているところはないのかなぁ ……

あぁぁぁぁぁぁぁーーー 毎日食べたいっ!!!!!!!!!!

   
[PR]
by IGirie | 2013-10-05 21:03 | NZ旅行
 
実は、まだまだ続くNZ旅行記であります。

Auckland 到着して数日後、そろそろ街中の景色にも飽きてきた頃です。
この日は、Auckland からフェリーで10分ほどのところにある、Davenport という街へ行きました。

f0187704_17571644.jpg



かわいい子ども達の後姿。

f0187704_17581072.jpg



Davenport の桟橋。

東京と比較すると、Auckland だって十分に歩行者の数もトラフィックの量も少ないし、街の喧騒なんて大したことないのですが、それでもNZ一の人口密集地なわけで。
それが、たった10分の距離で、空気もクリアになり、テンポがとてもゆったりとしているから不思議。

f0187704_1812569.jpg


 ← かっぽかっぽ と馬のひづめの音が心地いい。



   ↓ こちらは、大きなおじさんが、大きな木に登ってます。
f0187704_18131099.jpg

f0187704_1821333.jpg



ふらっと入ったカフェで昼食。

イケメンのウェイターさん曰く
「安い航空券が手に入ったから、この間東京に行ってきたよ~」 だって。

この肩の力の抜けた ゆる~いノリ
好きだな。

f0187704_18325712.jpg




そして、、、 潮風が気持ちよかった ♪

    by マリンスクール卒業生



再びフェリーでAuckland へ戻った後は、Voyager New Zealand Maritime Museum へ行きました。

最初の方は、マオリ族がNZ にたどり着くまでの歴史や使用したカヌーなどが展示されていました。
f0187704_18401767.jpg


この図をみると
東南アジアの方からニューギニアを経由してハワイへ。

f0187704_18402776.jpg



その後に、ようやくNZ を発見して彼らが辿り着いた、というなが~い歴史が分かります。


しかも、こんな木の葉のようなカヌーで渡って来たっていうことですから、想像を絶する人生です。

f0187704_18452497.jpg
f0187704_184605.jpg

f0187704_18474678.jpg

その後は、ヨーロッパからの移民の歴史です。
移民船の船底に乗ってみることができるんだけど、ゆら~って揺れるんですよ (^.^) 気付いていない人多数だったけど (^_-)

でもね、、、 この辺までは 正直 ふぅーーーん っていう感じでした。

ところが、
この巨大なアメリカンズカップ艇の実物と、アメリカンズカップのレースのVTRを観てからは、ずっとずーーーっとミュージアムを出てからも、ずっと興奮しっぱなし \(◎o◎)/!

f0187704_18541367.jpg
f0187704_18542598.jpg

f0187704_18543891.jpg
f0187704_1854494.jpg


アメリカンズカップのレースのVTRを30分以上観てたんじゃないかな )^o^(
ヨットレースなんて初めて観たんだけど、あの組織だった機敏で力強い動きは、あまりに美しかったわ ●~*

シュミレーターを利用した疑似ヨットレースも体験できて、何度も沈没させちゃった(笑)
めっちゃクチャオモシロかったぁ~ ( ^)o(^ )


いやぁぁぁぁ、、、 ヨットマンって何て恰好いいの ❤❤❤
[PR]
by IGirie | 2013-10-04 19:03 | NZ旅行
 
食道楽のスーパーじぃばぁ達は、地元の交通機関を駆使して、ローカルが集うマーケットへ出掛ける。

この日は、Aucklandのダウンタウンからバスに40分位乗って、日本人観光客なんて皆無のとあるマーケットへ。

f0187704_2012822.jpg



名前がロマンチックだね♪

皮は固かったりするんだけど、味が濃くて美味なリンゴ

f0187704_20151817.jpg


Tamarillo (タマリロ。別名Tree Tomato)

初めて見ました。

一生懸命選んで、たっくさん買ってたおばちゃんに聞いたところ、

「とってもヘルシーで身体にいいのよ!!」
「ボイルして皮をむいて、brown sugerをかけてヨーグルトと一緒に食べると最高なの❤」
「ダンナが大好きで、うちでは毎日食べるから沢山買うの♪」
「ジャムにしても最高よー」
「生でも食べれるわよ。半分に切って、スプーンですくって食べてごらんなさい」
「黄色いのもイケるわよ」

ということでした。

そのおばちゃんに1個選んでもらって、ホテルに戻って食べてみましたよ \(◎o◎)/!
なんと表現していいのか、、、 確かに名前にある通り、トマトのような味もするけど、トマトとは違う。
砂糖をかけると、また味が変わるんですよね。 食べやすくなる。
何とも言えない味なんだけど、何となくクセになるような気がする。  機会があったら、ぜひ一度ご賞味あれ。

f0187704_2040318.jpg

こちらは、mussel(ムール貝)のオムレツみたいなもの。

マーケットの屋台で、ローカルの人達が並んで買ってた。

薄い食パンの上に載せて、塩を多めに振ってくれたんだけど、これが、意外に美味❤

f0187704_20401641.jpg




焼いているのは、こちらのおじさま。


「すんごく美味しかったから、写真撮ってもいい?」って聞いたら、ご機嫌でポーズを取ってくれたよ (^.^)



そうそう、珍しい果物と言えば、こんなジュースがありました。  Feijoa(フィージョア) のスパークリングジュースです。

f0187704_1451023.jpg


Feijoa って初めて聞きました。

リンゴジュースがベースになっていたので、最初、Feijoaの味がよく分からなかったんだけど、よく味わっていると、やっぱりただのリンゴジュースではない感じ。

なんとなく少し酸っぱいような気がしましたが、、、

生で食べてみたかったな~ ●~*

[PR]
by IGirie | 2013-09-12 21:01 | NZ旅行
初日。
スーパーじぃばぁ達からNZ$100のお小遣いを頂戴したDは、とにかくお買い物がしたくてしたくてたまらない!!

そして二日目。
信号待ちしていた[SHARK2]のナンバープレートがプチ発見だった無料送迎バスを、路上で両手振り回してぴょんぴょんアピールして途中で停めて乗り込み(単にバス停が見つからなかっただけ)、向かったのはKelly Tarlton's Sea Life Aquarium

f0187704_12105980.jpg



ここの売店で、お気に入りのお土産を見つけたDは、お買い物することにした!!

「おかぁさん、一緒に来て…」て言われるのかと思ったら、お財布を握りしめて、いつの間にかレジに並んでるし \(◎o◎)/!
日本語喋れない人と英会話なんてしたことありませんのに…
f0187704_10265486.jpg

この時、彼が握りしめていたのは NZ$20紙幣 。
f0187704_10362786.jpgf0187704_10363856.jpg

NZ紙幣 は、合成樹脂を使用したポリマー紙幣で、濡れても大丈夫だし、しわくちゃになりにくいし、汚れてなくてキレイでした。

f0187704_1016373.jpg





おっ (・_・)  金額言われてる。

まぁ分からなくても 書いてあるしネ。

f0187704_10161417.jpg





外国でのお買い物デビュー !(^^)!


でもね、値札の金額と請求されたレジの金額とが びみょ~に違ったらしい (゜.゜)
??? どうも端数が何だか処理されてるようですが、よく分からん ???

その後も、現金で買い物をする度に端数が何だか処理されていて、よく分からんかったけど、つり銭を誤魔化されているわけではなさそうだったので (あっ、1度だけアジア系の人に誤魔化されたけど…)、あまり深く考えず、帰国してから調べて分かりました (^.^)

貨幣価値が低いという理由で、1¢、2¢、5¢硬貨が廃止になった関係で、金額末尾の数字が1~5は切り捨て、6~9は切り上げられるようです。   (ex) 1$97¢→ 2$、 1$95¢→ 1$90¢

でも、なんかこちらの出す金額によって、端数処理されたり、処理されなかったりで、つり銭の金額を確認するのがとってもややこしかったのは事実 (ーー;)


さてさて、この買い物でNZ硬貨を手に入れたDは、熱心に硬貨を眺め、我々の誰よりも迅速な識別が可能となり、私はと~っても助かりました (*^^)v

さて、貨幣はどこの国のも、図柄にお国柄や歴史が表れて興味深いので、以下はDの撮影した写真をもとにNZ硬貨のご紹介です。 ちなみに表側は、全て、エリザベス二世が刻印されています。

f0187704_9493324.jpg



10¢(銅貨)

Koruru(コルル)と呼ばれるマオリ族のお面の彫刻。
Koruruとは、マオリ語で「頭」の意味。
“ 建物の守護人” という意味があり、マオリ族の集会施設などの屋根に乗せられいる。

f0187704_1011662.jpg



20¢(銀色)

マオリ族の酋長プカキの彫刻。

顔にも身体にもタトゥーンがちゃんと彫ってありますね。
でも、胸に抱えている二人の子ども?男女?は何を表しているんだろう??

酋長プカキのお話を読めば、何か分かるのかもしれませんね。

f0187704_9542849.jpg



50¢(銀色)

タラナキ山とエンデバー号。

f0187704_9564361.jpg



$1(金色)


NZの国鳥Kiwi と NZの国章にもデザインされているSilver Fern (NZ自生のシダの一種)。

今回の旅では、2回も動いているKiwi を見ることができて大興奮でした \(◎o◎)/!

f0187704_9571898.jpg



$2(金色)


ダイサギ。



今日はここまで。
[PR]
by IGirie | 2013-09-05 12:23 | NZ旅行
 
Auckland 初日は、街をぶらぶらして土地勘を鍛えながら、気になるお店やレストラン、スーパーをチャック!!

店内の商品の98%がNZ製というお店 From N to Z で、早々にお気に入りのマグカップに出会ってしまいました❤
滞在中に他のお店で出会わなかったら、帰国前にここで購入しましょうね (^.^)/~~~

それから、前半と後半の計10日間滞在するホテルの真向かいにある Queens Arcade が気に入りましたよ ❤

f0187704_8173568.jpgf0187704_8195430.jpg
f0187704_8194292.jpgf0187704_8184189.jpg


そして、さっそく翌朝、このアーケード内のデリカテッセンで食べたフレンチトーストの美味だったこと美味だったこと ❤❤❤

f0187704_8314413.jpg


食べかけのお写真で ごめんなさいね (^_-)

でも、どーしてもレポしたい美味しさだったの!!

それだけを食べると塩気が強いベーコンと、
たっぷり掛かったメープルシロップが、
絶妙のコンビネーション )^o^(

f0187704_8315228.jpg



バゲットではないけど、皮の部分が内側との境界線をほんの少しだけ主張しているパン。

殆ど甘さのない卵液の浸し具合も、最高!!


この時は他のメニューを食べて一口だけ味見したDが、帰国前に「どーしても食べたい!!」と言って、もう一度食べに行っちゃいました (#^.^#)

お店のお姉さんも、そんな我々に興味を持ったらしくて話しかけてきたよ。
あちこちでちょこちょこ話したけれど、KIWIの人たちって、とても真面目で礼儀正しく、静かで穏やかでフレンドリーな印象でした。。。そうそう、このフレンチトーストのお味に通じる感じね。
[PR]
by IGirie | 2013-08-31 08:46 | NZ旅行
 
14日間のNZ滞在。
写真を並べてみると、食べ物の写真がなんと多いことかっ \(◎o◎)/!

それもそのはず。
個人旅行だから、“食事をどうするか” はとても重要なポイント!!
おまけに、あのスーパーじぃちゃんは超食いしん坊!!!!

自ら歩き回り、メニューを覗きまくり、料理をシェアできるか、お値段はどうか、清潔感はどうか、客の入りはどうか等々 五感を研ぎ澄まし これまでの経験値と照合する。。。 スマホとか持ってないからネ (^_-)

勿論多少の当たり外れはあるけれど、NZのお食事は、総体的に◎でしたよ (#^.^#) 

意外とうす味で、ボリュームも適量。 野菜が新鮮で、味が濃かった。
そして、チーズとサラミとオリーブね (#^.^#)  あと、ラム肉はホントに美味だった~ (#^.^#)

食事が比較的あっさりだからなのか、デザートは濃厚で甘かったです。
でも、デザートのお伴になる Flat White というコーヒーはかなり美味だった ❤❤❤
スーパーじぃばぁ達は、エスプレッソがすごく美味しいと言ってました。

たっくさん食べた中から、まずは、<微妙だけど気になるアレコレ編>から。
美味しいものは後に取っておくタイプなの (^_-)

f0187704_20141883.jpgf0187704_20164538.jpgf0187704_20165727.jpgf0187704_20185536.jpgf0187704_20201982.jpg

☆フードコートのインドカレー
ホテル近くのショッピングセンターのフードコートで食べたインドカレーは、mildを頼んだはずなのに、甘い!!
インド料理のお店は、Auckland にも Rotorua にも結構あったよ。

Movenpick のアイスクリーム
スーパーばぁちゃんが、「スイスの美味しいアイスクリーム屋さんだ」と言うので、Dと二人で食べてみました。
Maple Walnut を頼んだDは美味しいと言ってたけど、お店の看板メニューPistachioは、私にはちーと甘すぎた (:_;)
そういえば、帰りの飛行機(Air New Zealand)でも Hokey-Pokey(ホーキーポーキー)のアイスクリームが出てきました。
とっても濃厚で、でもなんか少しふわっともしてる不思議な後味。乾燥した機内でちょっと食べるには美味しかった♪
そういえば、NZは世界一のアイスクリーム消費国なんだそうな。

☆寿司/日本食
写真は、フードコートで買ったお寿司。
街のあちこちに Sushi の文字や「日本食」と漢字で書いてある看板もあるし、フードコートにも和惣菜のお店があったりしてビックリしたけど、経営しているのは中国や韓国の人が多くて、これはよくよく吟味しないと大外れしちゃうぞっていう感じだった。
そんな中、Aucklandで偶然見つけた日本人が経営も調理もしている日本食屋さん FUGA は、サービスもお味もなかなかよかった。 やっぱり、単身の駐在員風のおじ様が一人で入っていたよ ← 重要な見極めポイント (*^^)v

☆ワンタンメン
そーいえば、今回の旅行では、本格的な中華料理を食べなかったな… なんでだ!?

☆タイ料理
Rotoruaで食べたタイ料理は、どのお皿も甘くて微妙だったけど、鶏肉のチャーハンはよかった。
そして、シンガポールにいた頃の思い出話に花が咲いて、懐かしかったな。
スーパーばぁちゃん「この人参のお花、絶対使いまわしてるわね」という、どうでもいいのになんか痛烈な一言も、昔と変わらない (^_^;)


今回はここまで。
[PR]
by IGirie | 2013-08-29 21:42 | NZ旅行

NZ旅行記 - Kia Ora!!

 
7月末から8月中旬までの2週間、 New Zealand へ行ってきました (^O^)/
長期休暇を取得できないSatoさんは、アイオルと一緒にお留守番 (^.^)/~~~

今回のツアコン&スポンサーは、私の両親 (^_-) 
今回の旅行は、「孫と旅行に行きたい」という二人の願いで実現したもの。 なので、私は付き添い !?

f0187704_10402431.jpg



左は、1年の半分以上を海外でゴルフしてる スーパーじぃちゃん。

右は、いつぞやご紹介した ビーズ織り の スーパーばぁちゃん。

f0187704_10403914.jpg



こちらは 初の国外脱出を経験する Dくん。


スーパーじぃばぁ達とは、実は今までほとんど交流がなかったので、長い旅行、どんな感じになるのか、私はヒヤヒヤ (^_^;)


拠点となる滞在地は、 「帆の街」と呼ばれるAuckland
-New Zealand の総人口およそ430万人の1/3が住んでいる、NZ経済・商業の中心地。
  ちなみに首都は、政治の中心地Wellington。 両都市とも、北島にある。

f0187704_11442100.jpg


f0187704_11132776.jpg
f0187704_11135584.jpg


f0187704_111434.jpg



さてさて、どんな旅になったのやら  (*^。^*) 
[PR]
by IGirie | 2013-08-27 11:31 | NZ旅行

仲が良いのか悪いのかよく分からない、3人+2イタグレという家族の雑記帳です。あっという間に息子はティーンエイジャーに、イタ達も私達もシニアとなりつつあります。これまでは新しい人や経験との出逢いの多い時期でしたが、これからは色々なお別れが増えてくるこの家族。この先に何があるかは分からないけれど、だからこそ、今の私と私の家族のことを、いつか懐かしく読み返せるように、書き記しておこうと思い、再開します。


by IGirie