仲良し悪し家族no雑記帳   ~ 思春期と思秋期の狭間で ~

igirie.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧

 
ダンナと犬たちを置き去りにして 瑪瑙・琥珀家のいる浜松まで、
初めての !(^^)! … もしかすると最初で最後の (:_;)!?  息子との二人旅 に出掛けて来ましたよ


今日は その旅で発見した オモシロご当地CMソング を紹介しますよ ♫


f0187704_18302068.jpg


まずは こちら (#^.^#)

春華堂のキャラクター  うなくん

うなぎパイファクトリー の玄関にいました!!

後姿があまりに きゃわゆぃ♡

うなぎパイ 刺してる~ (^。^)


ちなみに CMソングは 3種類あるみたいですが、、、 

やっぱり「振付解説付き」のこちらでしょ~♫  見た人は踊らなくちゃだめよ~ (*^^)v
  


首都圏でも 期間限定で流せばいいのにねっ♪  絶対買いに行きたくなるよ~ >^_^<  パイパイパ~イ♫
他のも見たい人は こちらをクリック!


お次は こちら (*^。^*)

f0187704_1962540.jpg


f0187704_1971551.jpg


東名の下りに 看板があるのは知っていたのですが、 今回 初めてsato-sanへのお土産で買ったら、、、
美味しいのなんのって )^o^(   こっこちゃん も かわゆぃね♡



他にもあるよ!  


写真整理済んでないけど、、、 たぶん まだ続くよ 二人旅物語♡
[PR]
by IGirie | 2012-11-30 19:24 | お出掛けしたこと
 
今月初旬のイベントでしたが、
いつもの我が家のフィールドで ヨガ なんてものを体験しちゃいました。

f0187704_9311235.jpg



こんなポーズを取りながら

わたくしの耳には カラスの鳴き声が
   「ごは~ん ごは~ん」 と聞こえてくるし (^_^.)

少年は 飽きた~ のポーズ (・_・)

それでも 2時間の長丁場を 途中退場もせず居続けたんだから
マジメな偉いやっちゃ。


もちろん 終わった途端、 はじけてました (^.^)/~~~

f0187704_9374174.jpg



やっぱこっちの方が いぃ顔してる ♫


f0187704_9395579.jpg




クマハチ家の フリックくんも

ドッヂビー犬でびゅ~ したらしい (^.^)


ドッヂビーと身体の大きさのバランスが なんとも かわゆぃ♡


f0187704_944463.jpg




ぼくのだぞっ! よこせぃ!!

f0187704_9441091.jpg




女子のお小言なんか むしむし~

この隙に♪

f0187704_9442725.jpg




いぇ~い !(^^)!  らんらん♫

   …………

あれ!?
、、、ここはどこだぁ~ (?_?)
なんで みえないんだぁ~ (?_?)

f0187704_9443134.jpg




へへっ!!

こーすれば もーだいじょーぶだもーん♫

そこの女子~ とれるもんなら とってみぃ~


なんてしているうちに あっという間に夕暮れ。  夕陽が沈む瞬間... 言葉なんていらない。 
f0187704_954519.jpg

f0187704_9543462.jpg

f0187704_9542421.jpg


その頃フィールドでは 三点倒立に励む面々が 集っておりました。  ヨガ? 体操??
少年には 断然こっちの方がいいみたいだけど、 我々には直ぐにはできませんね。

f0187704_9331628.jpg


あっ、そうそう。
少年Dの縫い縫いした怪我は 先週抜糸しました。
Dr.「しばらく同じ個所をぶつけないようにね。またすぐ開いちゃうから」と言われ 脚を使うスポーツは控えてるものの、
運動禁止令が解除された少年Dは 毎日イケイケで走り回っております。
[PR]
by IGirie | 2012-11-27 10:08 | musukoとのこと
 
先週末に ドッグランへ連れて行ってもらえなかった腹いせ なのかは知らないけど、
久しぶりに 留守番中のイタズラを謳歌した お二人さん。

f0187704_1291283.jpg



普段なら 鍵を開ける音に 玄関先まですっ飛んできて ずーっとまとわりついて離れないお二人さんなのですが、、、

f0187704_1212923.jpg





この日は、
 
お出迎えだけはしてくれたけど
すぐに 奥へ引っ込んでしまった。

f0187704_12125920.jpg





100% 何かをしでかしてます ( 一一)


f0187704_12172731.jpg




この日のターゲットは、

シンクの三角コーナーに入っていた
キーマカレーの袋と サランラップ

写真は 出掛ける前の状態(再現)

f0187704_12213254.jpg



それと

IHコンロの上に置いてあった
チョコレートの空き箱 です。


f0187704_1219633.jpg






なぞは……

どうやって この高さまで上ったのか!?

誰が 上ったのか!!??


周辺を調査した結果、 いくつかの物的証拠が見つかりました。

f0187704_12223785.jpg






このクロスは

真っ直ぐ になってたはずだ (-"-)

f0187704_12243539.jpg




そして

ピアノの椅子に残っている この跡は
新しい (-.-)


ピアノカバーが 椅子の内側に入っている という僅かなスキを狙った犯行。  経路は ココしか考えられないっ!!
f0187704_1227243.jpg


こんな大胆不敵なことをやってのける度胸と 日々の怠らない観察力・注意力 そして 驚異の跳躍力の持ち主は だれだっ (?_?)

…… って ほぼ 特定はできているのですけどね (ーー;)
念のため 容疑犬のお二人には 現場検証に立ち会ってもらいましょうか ( 一一)


★ 容疑犬 O (おー) ★
f0187704_1235771.jpg

f0187704_12345075.jpg


★ 容疑犬 I (あい) ★
f0187704_12371226.jpg

f0187704_12372429.jpg


一目瞭然、、、  ですよね (^_^.)
[PR]
by IGirie | 2012-11-22 12:48 | IRie & Orcaとのこと
 
私は 都会生まれの都会育ちで 私学卒業。  夫のsato-sanは 田舎生まれの田舎育ち もちろん国公立卒業。

かなり違う環境で育った二人が一緒になったのは 全くの珍事 いや 事件なのですが、 10年以上も一緒に生活していると 少しずつではありますが 異文化交流っていうか そんな感じのことが 少しずつ 進んでいくものであります。

私の方で言えば、、、

干物 なんて全く縁のなかったのが アジの干物をちょくちょく食卓に出すようになったり
秋刀魚 なんて全然食べなかったのが 時々すごく食べたくなったり
味噌汁 なんて一生飲まなくてもいいと思っていたのが 未だ渋々ではあるものの 夕食の一品に加えることが増えたり

  …… 食べ物ばかりですが (^_^.)


彼の方も ブルーチーズを始めとした世界のチーズ色々も チーズフォンデュも 食べたことなかったし、 コロッケを作ったら 「コロッケって 家で作れるんだー!!! 」 と驚いてたかな (^。^)


一方で、 10年以上経っても 未だに理解できないことも数々ありますが 中でも一番は 彼の田舎の方言 (?_?)  
そんなに英語が聞き取れるわけではないけれど それでも やっぱり 英語の方が まだ聞き取れます (>_<)

でも、、、 「何言ってるか わかんなぁ~い」 っていうのは 結構 色々と便利だということが早々に判明したので もはや覚える気は全くありませんけどね (^_-)

f0187704_18412953.jpg

こちらが 彼の 御国です。

彼の田舎は 中国山地の方なのですが
日本海側では ワイン造りを頑張っていて
ワイナリーが結構あります。

今まで飲んだ赤やロゼは ちょっと甘いのが多かったけれど、 こちらは きりっと爽やかなお味でした。

機会があったら 「島根ワイン」 を ご賞味くだされ (^.^)

[PR]
by IGirie | 2012-11-20 19:05 | その他徒然
 
同じ犬種でも 性格はやはり個々に違うわけで
多頭で飼ってみると (といっても わが家は2頭ですが) その個体差が なかなか興味深い。

こちらは 少し前のドッグランでの写真。

この日 初めてやってきた pinoちゃん(ぴ)と 常連のライコネンくん(ら)が ガウガウを始めました。
こういう時に どこからか すっ飛んでくるのが うちの野次馬 オルカ(お)です。
f0187704_1435203.jpg



pinoちゃんの すんごいお顔 )^o^(

確かに 覗きたくなる気持ちは 分かります(笑)


でもね、、、 野次馬さんは 他にもいましたよ~ (^。^)      やっぱり すんごいお顔 を見に来たの?

f0187704_14392437.jpg

[PR]
by IGirie | 2012-11-16 14:59 | IRie & Orcaとのこと
 
息子の大怪我をきっかけに ギャング仲間たちが 次々と語った 自分らの武勇伝の数々を 息子のものも含め ご紹介 (^.^)
想像力豊かな方は あまり読まない方がいいような内容も 一部ありますので ご注意ください (^_-)


*** 少年Y のお話 ***
今回 傷の応急処置を手伝ってくれたサッカー少年で、 骨折も含め 怪我はしょっちゅしているベテランくんだから、 こんなのは大した話ではないそうです。

休み時間にドッヂボールをしていて 指が全く曲がらなくなるような酷い突き指をした時、 校庭に落ちてた棒切れで指を固定して そのままドッヂボールを続行して遊んでました。


*** 少年T のお話 ***
なかなか気の強いやんちゃな少年。 やっぱりサッカーをやってます。

家族で旅行に行ったイギリスで、 道路でこけて 顔面から地面に叩きつけられ 顎を強打。 顎の骨が見えてたそうです。


*** 少年K のお話 ***
あまりよく知らないけれど、 今度一緒に恒例の “ 年末子どもだけスキー ” に行くことになった少年。

頭を割った時、 今回息子がお世話になっている病院へ行った。
ホチキスで留めるって言われて カシャッて音がした時 (あぁ~きもちいいなぁ~)って思ったら Dr. 「 あっ、針が入ってなかった 」
針を入れて 再度 ガシャッて音がした途端 「いってーーーーーーー!!!!!」
麻酔してなかったそうです (@_@;)

  注) この時のDr. は たぶん おじいちゃんの方の先生だったのでしょう。
     Ns.たちに 「明日は 午後来られた方がいいですね」 と言われるのは こういうことなのでしょう。
     毎日通院していると こういう病院の事情も 見えてきます (^_^.)


*** 少年D(息子) のお話 ***
f0187704_10242854.jpg


就学前にやった こめかみの傷跡。

傷の奥と表面と 二重に何針かで縫合 ('_')

祝日で しかもダンナは休日出勤で不在。
縫うような怪我は初めてだったので 私もよく覚えてます。

バランスボールに飛び乗って そのままごろり~んと転がって かったいチーク材のTV台の縁に ゴン☆
コーナーでなかったのは幸いだけど 今でも残ってますよ 凹んだ跡。 

その時 ベランダで洗濯物を干してた私
ゴン☆の音は聞いたけど (また なんかやっとるな~)と そのまま干し続けてたら
突然 大きな息子の泣き声 ・・・ 昔から滅多に泣かないヤツだったから 「どーしたっ!!!???」 と慌てて部屋に入ると
顔も床も血だらけ (@_@;)

血は割とすぐに止まったけど 傷をよく見ると
こめかみが パカッと割れてて 奥の太い血管が パカッと切れておりました (・_・)


f0187704_11131022.jpg



傷だらけの 膝小僧 (>_<)


水色枠の傷は 一昨年のこと。
黄色枠の傷は 1年生になる数週間前のこと。

一昨年の5月の ある天気のいい休日。  息子は一人で 新品の自転車に乗ってくる! と言って出掛けたのでした。

それで 私とダンナは 家の掃除をしていて そしたら 突然知らない人から 電話が掛かってきて
「お宅の息子さんが ひどい怪我をしてます」 って (>_<)

ダンナが現場に急行したら 数人の人だかりができていて 息子が膝小僧から血を流してたらしい。
通りすがりの親切な方が 息子から電話番号を聞いて 知らせてくれた とのこと。
直後には 人だかりを見かけたママ友からもメールが入りました。

マンションのすぐそこの交差点で 歩道に乗り上げようとして 滑って 車道側に転倒したと聞いて
車が通ってなくてよかったーーーーー (>_<)  という感じでした。

縫うかどうかびみょ~な感じだったし 休日だったので 家で消毒して様子をみることにして 結局そのまま治ってしまったので
ぐちゃぐちゃ な傷跡が残ってしまったのよね (・_・)   この頃から 何だか 私も変に慣れてしまってますね 


f0187704_11272630.jpg


膝小僧の黄色枠は 就学直前の3月にした手術痕。
先天的に半月板が分厚かったために 徐々に削れた半月板の欠片が 膝の関節に挟まって 膝が伸びなくなってしまったのでした。

これは その時の手術で取り出した 半月板の欠片。
彼は これを 今も大事にしている。

たった6歳の少年が
数時間に及ぶ内視鏡手術に耐え
1週間も一人で入院生活を乗り切ったのだから

やっぱり ヤツは 強者だなっ (゜゜)


はぁ~ ... ...   しかし いつまで こういう 冷や冷やの怪我が 続くのでしょうか (?_?)
思い出したら 疲れてきた  (ーー;)    今日 抜糸できるのかなぁー ... ...
[PR]
by IGirie | 2012-11-15 12:17 | musukoとのこと
 
昨日の続き でございますよ。

f0187704_1016416.jpg
怪我の場所は 右脚の脛(弁慶の泣き所)

奥の方に ちらっと骨らしきものが見えるほどの 深い えぐるような傷。

6針 縫いましたよーーー (@_@;)


私が留守中の下校時、
マンションの入り口で 友達ら数人と 植栽を囲っているブロックの上に 両脚でジャンプして飛び乗る♫
っていう遊びを SASUKE と称してやっていた時のことらしい。

1回目のジャンプに失敗した少年Dは、
成功した友人を見て悔しくなり 2回目にチャレンジ (゜.゜)

ブロックに脚が引っかかり... その後のことは記憶にないらしい。


おっかしいのは その後のこと。


血が流れてきたことをみた友人Kが サッとティッシュを出してくれた。

親がいないことを知った友人らは 少年Dを抱えながら ぞろぞろと家までやってきた。

少年Yは 救急箱からガーゼとテープを取り出して 「この程度の傷なら 2週間くらいだね」と言いながら
手際よく処置をしてくれた。

その間 動物好きの少年Kは アイリーとオルカに興味が向いて
「かわいいね~」と連呼してた。

来訪2回目の少年Tは 勝手に棚を開けてアルバムを取り出し
「昔も今とおんなじ顔してるな~」と眺めてた。


「悪いね、おやつ 今日ないんだよ」
「まっ、そんなことはいいさ」

「お前、下校途中だから家に帰れよ」
「いやいや、友達がこんなことになってるのに帰るなんて そりゃないでしょ。
 かあさんいないし、別に平気だよ」

なんていう会話を交わしながら、友人らは30分ほど滞在してくれたらしい。



私の携帯に 少し硬い声で 「下校途中に怪我をしたので 早目に帰ってきてください」と留守電が入ったのは
友人らが帰った17:00過ぎ。  私の帰宅は 18:00前。

f0187704_10443058.jpg
帰宅したら、 机の上に脚を乗せて 「 止血中 」。

手元には バイブルの 『 冒険手帳 』


さすがに 顔は少し青ざめてる。
傷を見た私は、、、 大分慣れっこになってる自分に 少し驚く。

以前に 救急で縫合してもらった病院に電話するも 「 今日の当直は内科なので 」 と断られる。
救急センターに電話して 幸い徒歩圏内の病院が見つかる。  ここも リストに入れとかなきゃ。


少年Dの様子。

行きは 「 縫うの 怖いな … 」 とぽつり。

診察台の上でも 「 怖い … 」 とぶつぶつ。 顔は 青を通り越して 白くなってる。

でも 病院を出た途端 「 おやつ買って帰ろ~ ♫ 」「 全然 だいじょうぶだった~ ♪ 」と
るんるんの笑顔 (-"-)


ただ、、、
弁慶の泣き所って 全身の中で一番血流の悪い箇所の為 治りも遅いとのこと。
くわえて V字の傷の為に Vの先の下方の皮膚の血流は もっと悪くなるので 
場合によっては 皮膚がくっつかないこともあるとか... 
そうなると 治りは更に遅れる。

抜糸までは 化膿予防のために
  患部を温めること禁止!!!
  患部を濡らすことも禁止!!!

というわけで、
  運動は一切禁止
  炬燵も禁止
  入浴も禁止

消毒のための通院が 日課になってる この頃です (・_・)


次回は、 この事件をきっかけに 彼の仲間が語った武勇伝の数々を 紹介しちゃうのです。
[PR]
by IGirie | 2012-11-13 11:36 | 息子・育児
 
こたつ が欲しい!  でも 部屋が狭くなる!   どーすればいーーぃのッ!?  (>_<)

でも、、、  とうとう先週 ぽちっと してしまいました (#^.^#)

f0187704_1854769.jpg



ついでに 部屋も 模様替え ♫

クリスマスツリーも 飾っちゃいました ●~*



まぁ~るい炬燵は 何だか とっても 可愛い♡

しじら織りの 炬燵布団が 和風な雰囲気をちょっこし加えてくれて
これも なかなか い~ぃ感じ♫

だーぃ満足な お買いものでした (^.^)



ところが、、、


オレの座椅子にどっかり座って 炬燵に入っている少年Dですが、、、 実は 炬燵のスイッチはオフ!
実は彼、、、 当分 炬燵には当たれないのです (ーー;)

f0187704_1815436.jpg






その理由は こちら。。。


続きは また次回にするので ございます (-"-)
[PR]
by IGirie | 2012-11-12 18:25 | その他徒然
 
こんな光景をみると 母として なんとも 感慨深い気持ちに満たされる。
f0187704_10398.jpg




  9年前に2歳だった彼  と

  もうすぐ2歳になる男の子



こんな光景をみると もう母としてできることは殆どないことを 軽い喪失感や寂しさとともに 直感してしまう。
f0187704_1014079.jpg



  立派な青年


  5年もしたら
  彼もこんな感じになるのだろうか



こんな光景をみると おまかせできる安堵感と 彼ならなんとか乗り切るかなという希望が 新たな力とともに湧いてくる。 
f0187704_10195991.jpg







  少年を 青年として扱ってくれる大人の男性  と  

  その扱いを 堂々と受けとめている彼



  
[PR]
by IGirie | 2012-11-02 11:05 | musukoとのこと

仲が良いのか悪いのかよく分からない、3人+2イタグレという家族の雑記帳です。あっという間に息子はティーンエイジャーに、イタ達も私達もシニアとなりつつあります。これまでは新しい人や経験との出逢いの多い時期でしたが、これからは色々なお別れが増えてくるこの家族。この先に何があるかは分からないけれど、だからこそ、今の私と私の家族のことを、いつか懐かしく読み返せるように、書き記しておこうと思い、再開します。


by IGirie